あなたの退職理由、面接官にマイナスなイメージで伝えていませんか?

転職を伴う面接では、絶対に聞かれる質問があります。それは、今の会社を退職する理由です。どんな理由にせよ、マイナスなイメージを持たれてしまうと考え、ありのまま話している人がいるかもしれません。しかし、それはとても危険なことであることを認識する必要があります。なぜ、マイナスなことを面接で伝えてはダメなのでしょうか。それは、マイナスなイメージを伝えた時、伝え方によってはこの人を採用しても、うちの会社にとってメリットがない。そう捉えられる可能性があるのです。それでは、マイナスイメージを与えてしまわない退職理由の言い方とは一体どのようなものなのでしょうか。今回はその点を踏まえて考えていきましょう。

絶対言ってはいけない退職理由集

それでは、退職理由で間違っても伝えてはいけないものは、一体どのようなものでしょうか。気をつけなければいけないのが、理由を突き詰めて行くと、原因が明らかに自分にあるというものです。具体的に説明していきましょう。

待遇が悪い

待遇が悪いという理由は、考えとしては分からなくはないと思われます。共感する人もいるでしょう。しかし、このような理由で転職をするのであれば、採用先の会社も待遇が悪いと感じられたらこの人は転職をするかもしれない。良い条件で転職をしたとしても、何かしらの悪い要素を見つけた瞬間に他の会社に転職しかねないそう考えてしまうのです。

上司が気に入らない、人間関係が原因

この理由で転職する人も多くはないのでしょうか。確かに、人間関係で悩み転職してしまう人もいます。これがストレスになってしまう人も多くいるのです。しかし、この問題に対し何かしらの対策をしてみたものの、結局パワハラには勝てず転職するしか他に選択肢がなかったと納得させなくては、退職の理由としては弱いのです。

大切なのは、前向きな姿勢

では、このような退職理由と反対に良いものはどういったものなのでしょうか。それは簡単です。転職したあと、自分がどのようになり、どのような夢が実現させることが出来るかを話すことなのです。つまり、転職する理由が、後ろ向きというものではなく、前向きなものであることなのです。これをしっかり伝えておけば、悪い印象を与えないのです。

まとめ

転職をする際、必ず今の会社を辞めなければいけません。しかし、退職理由が後ろ向きと考えられる理由であれば、面接官は良い顔を見せてくれません。転職する際は、退職理由が前向きなものであると堂々と言えるように考えをしっかりまとめておくことも大切です。
そのことによって、転職活動が良いものに変わることでしょう。