何故離職者が多い?転職していく人が多い企業のその特徴とは?

企業には様々なパターンの企業が存在すると思いますが2つに分けると離職率が低く社員が定着している企業・離職率が高く社員の入れ替えが激しい企業に別れると思います。しかし同じ社員を抱える日本の企業なのにどうして2つのパターンにわかれてしまうのでしょうか?そこで今回は離職率が高く社員の入れ替えが激しい所謂、転職者が後を絶たない企業の特徴を話していきたいと思います。

ON OFFの切り替えをさせてくれない

まず転職者が多い企業の特徴はON OFFの切り替えをさせてくれない企業であることが多いと思います。ON OFFとは仕事と休みということです。仕事中は給与を貰っている以上基本的に雇用主に従わなければなりませんが、帰宅後や休日はその人の自由な時間です。急な予定変更や用事で電話や呼び出しをすることは仕方のないことですが、常識から逸脱した時間の電話や自宅で帰ってからも仕事をさせるような環境の企業は24時間社員を会社に縛り付けていることになり、転職者が後を絶たない理由の一つと言えます。

社員の意見を汲み取らない

次に転職者が後を絶たない企業の特徴は社員の意見を汲み取らない企業と言ってもいいでしょう。基本的に会社のルールは雇用主が決めたものになりますが社員を抱えて働いてもらう以上、社員の意見を汲み取りながら働きやすい環境作りに務めなければなりません。そういったような配慮が転職者の多い企業には足りておらず、その部分を改善しないとこの問題は解決しません。

金銭面での不満

最後が一番多い金銭面での問題です。転職者が多い企業の大半はこの問題を抱えています。転職者の多い企業に限って独自の手当を付け実際に支払われる給与が分かりにくく、賞与が少なくなるなどトラブルになりやすい給与形態な事が多いです。
また残業代に関しても不透明なことが多く、このことから社員は給与が少ない、無駄に残業をさせられているなどの不信感を持ってしまうので、金銭面に関してのことは、誰が見ても理解できるようなシステムにしておく必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職者が多い企業というのは共通した特徴があります。社員にON OFFの切り替えをさせないで24時間会社に縛り付けていることや社員の意見を汲み取らない企業である傾向があり、金銭面に関しても不透明な事柄が多く不信感を社員に持たせてしまっている企業が多いと思います。