人事担当はココを見ている!〜採用したいと思わせる面接でのポイントとは?〜

面接は、転職活動において避けることが出来ない試験の1つです。様々なサイトで、いろいろなアドバイスが紹介されています。面接を受ける人たちからすると、少しでも役に立てたいと思い情報収集に精を出していると思います。しかし、やみくもに情報をあつめたところで、面接に活かすことが出来るというものではありません。面接官がこの人を採用したいと思わせる必要があるのです。それは、一体どのようなものなのでしょうか。人事が思わず採用したくなるポイントをまとめてみました。

4つのポイント

面接官が採用したいと思うポイントは大きくわけて、4つのポイントがあります。それは、
言葉遣いがしっかりしている、質問を明確に返せる、説明が簡潔でわかりやすい、やる気が感じられるこの4つがとても重要なポイントなのです。これらの4つのポイントが揃っているのであれば、面接官は、採用したいと感じるのです。実は、面接において必要なものは、会社に対する特別な思いというだけではなく、情熱に関するものが重要なのです。

4つのポイントを特訓しよう

先ほどあげた4つのポイントをしっかり面接でアピールすることが出来れば、面接も怖くありません。面接でその力を発揮することが出来る場面は、たくさんあります。面接官からの受け答え時に、正しい言葉で短く答える時や、何か質問はありますか?と聞かれた際に、簡潔かつ面接官が唸るような質問を用意しておくなど、面接を想像しただけで、あらゆる場面で活用することが想像出来るのではないでしょうか。簡潔に答えるというものは、急に出来るものではありません。普段から話が長いと言われている人は、簡潔にまとめる訓練をする必要があります。地道な努力が必要ですが、それこそが面接で勝つための近道であると言えるでしょう。 strong>

会社に対する情熱も忘れずに

4つのポイントも大切ですが、会社に対する情熱を、しっかり伝えることも大切です。情熱がある人間は、その態度がはっきりと体に現れます。例えば好きな人への態度を考えてみてください。あなたが、相手に好意を持ってもらうために、あれこれと必死になりますよね。恋愛の場合、当事者同士がうまく噛み合わないとなかなか伝わらないこともありますが、第三者から見ると、あの人は必死にやっているという気持ちが伝わって来る場合があります。そんな熱い気持ちが大切です。 どうしても、この会社で私は働きたいのだという気持ちを前面的に押し出していけば、面接官も放っておくわけがありません。

まとめ

面接においては、志望動機や、質問に対してどのような答えを用意しておくか。という事前準備も大切ですが、この会社にどうしても転職したいという情熱を伝えるための小さな工夫も大切です。その伝え方は、人それぞれですが、今回あげたようなポイントを注意して面接に臨めば、ライバルに差をつけることが出来るかもしれません。もう一度あなたの会社への情熱や、受け答えの姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。