転職に一番大事なのはコミュニケーション

転職者に企業が求めるものとして、スキルや経験、実績など会社への貢献度が高そうな人から、真面目な人や人当たりのいい人、あいさつがしっかりとできる人など、内面的なものまで会社によって重視しているものに違いが出てくると思いますが、一番大事なものはコミュニケーション能力だと思います。今回はそのコミュニケーションと転職の結び付きについて考えていきたいと思います。

どこかの企業に転職して所属するか起業するにしても仕事をしていく以上、同僚・上司・部下・取引先・お客様など様々な人と関わらなくてはなりません。しかし仕事をしっかりとやりさえすればコミュニケーションはしなくても良いという考えを持ってしまい、コミュニケーションを取らなくなってしまうと、無駄なやり取りや無駄な仕事、無駄な時間を使うことになり、やがて会社全体の仕事効率が落ちてしまうことに繋がります。会社の仕事効率を落としてしまうということは仕事をしっかりやっていることにはなりません。  会社全体のことを常に考え、無駄な仕事を減らして円滑に仕事を進めていく為にもコミュニケーションは重要になります。 

結論から言うとコミュニケーションを密に取っていれば仕事のミスを少なくすることができます。どんな業種の仕事でも仕事上の初歩的ミスの要因として、相手との相互の連絡ミスや確認不足からの行き違いが生じる連絡ミスや確認不足というものが多かれ少なかれ起こってしまいます。  このようなミスは全てコミュニケーション不足から起こるものなのです。 小さいミスだからといって高を括っているといずれ重篤なミスを犯すことになるので、それを未然に防ぐためにもこのことを踏まえコミュニケーションを取るようにしておきましょう。

コミュニケーションを取るとストレスなく仕事ができるようになります。コミュニケーションが苦手な人は、コミュニケーションを取ること自体がストレスになると考えてしまうと思いますが、企業に所属するということは集団行動である以上、様々な人とコミュニケーションを取って行かないと、自分が思っていることや感じでいること、やりたいことなどを相手に提示できません。これは相手方にも言えることで、互いに自分が提示したいものを提示できないもやもやしたものを抱えながら仕事をするとストレスになってしまいます。 コミュニケーションが苦手な人もこの考え方をシフトチェンジできれば自分や相手方のストレスの解消に繋がるかもしれません。 

ここまで色々と話してきましたが、コミュニケーションを積極的に取って行けば仕事上の様々な問題が解消されます。コミュニケーションをとれば、無駄な仕事や無駄なやりとり、無駄な時間を使うことがなくなり仕事効率が上がるので仕事を円滑に進めていくことができます。また相互の行き違いや勘違いから起こる仕事上のミスもコミュニケーションを密に取っていればなくすこともできますし、互いの言いたいことを提示できれば仕事上のストレスもなくすことができます。ここで話したことから転職とコミュニケーション結び付くと考えられます。