できることなら転職するのを避けたい、ブラック企業が生み出される仕組みとは

現在、新聞やネット、テレビのニュースのどこかで毎日ように「ブラック企業」という言葉を目にすることと思います。そのブラック企業と言われる会社の基準とし無理な過剰労働を強いられたり、給与の未払い、パワハラを受けるなどの条件がありそのような会社には誰もが転職したくないと思うはずです。しかし何故ブラック企業と言われる会社が存在してしまうのでしょうか?そこで今回は転職するのは避けたい、ブラック企業が生み出されてしまう仕組みを話していきたいと思います。

少ない人員でやっていく方が効率的だと考えている

まずブラック会社の特徴として無駄に人材を抱えるよりも必要最低限の人材で仕事を回した方が効率的と考えている企業が多いです。確かに多くの人間で仕事をしていると一人ひとりの携わる範囲が狭くなり、一つの仕事以外対応ができなくなってしまい効率は悪くなってしまいますが、人員を少なくすると一人ひとりが抱える仕事は当然増えてしまい、それが過重労働につながってしますのです。

コストカット=人員削減だと考えている

企業が収益を上げるには売上を上げる他に様々な部分のコストカットをすることも手段の一つです。このコストカットの一番手っ取り早い手段として考えられるのが人員削減です。例えば製造業を営んでいる会社でコストカットをすることになると部品の安い物に変えることや作業を簡略化することも手段の一つですが、このようなことをやってしまうと製品に不備が発生してしまいます。そこで製品に不備を発生させないで素早くコストカットできるのが人員削減なのですが人員削減してしまうと上記の通り一人ひとりが抱える仕事が増えてしまい過重労働に繋がります。

長時間働けば仕事が進むと思っている

ブラック企業の特徴には長時間労働をさせている企業が多く見受けられます。これは企業側の考えとして長時間働くこと=仕事が進むという考えが根付いてしまっているからです。確かに単純に考えると働けば働いただけ仕事が進むと考えがちですが、人間が働いている以上ロボットではないので当然疲労により仕事効率は落ちてしまいます。しかしブラック企業にはこのような配慮が欠けているため結果的に過重労働を引き起こしてしまいます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたができれば転職したくないブラック企業ですが様々要因が重なって生み出されてしまいます。その多くが社員に対しての配慮不足から知らない間に過重労働をさせてしまっているケースがほとんどなのです。